2019.08.02.金
第八回開催分の、演奏予定曲が決まりました。!
.
7月の企画から日を開けずに一週間後の高密度開催。
今回は、ジャンルを超えて活躍するピアニスト、、ぱくよんせが出演。
特に日本全国の各地のヴォーカリストの発掘と共演がめざましい一方、古いスタンダードやその曲の発表当初・初演などに一家言ある、ぱくさんらしさの凝縮されたいい曲ばかりの選択。
.
ナチュラルリヴァーブ空間に鳴り響く佳曲スタンダードを楽しむ。
ジャズ初心者も、スタンダードファンも、ヴォーカリスト(勉強中)も、全員集合。
はやく聴きたい!


・All too soon(Duke Ellington)
・Answer me my love(Gerhard Winkler)
・Chega de Saudade(Antonio Carlos Jobim)
・Fly me to the moon(Bart Howard)
・For all we know(Fred Coots)
・Give a little whistle(Leigh Harline and Ned Washington)
・Give me  simple life(Rube Bloom)
・Moon river(Henry Mancini)
・Taking a chance on love(Vernon Duke )
・Too darn hot(Cole Porter)






2019.08.02.金/【特別企画】 ぱくよんせTrio Plays StandardSong(with 大塚義将Ba、力武誠Ds) ¥3500(当店初来店のお客様はミュージックチャージ1000円、初めてのお客様を連れてきていただいたお客様は、千円割引してチャージ2500円)
開場19時 開演19時45分、2セット入替無し。終了22時過ぎ
▼MC一般=税込3500円、29歳以下の本業学生1000円、29歳以下の社会人2500円、別途1000円分のドリンク券
▼学生と29歳以下の社会人の方は学生証、生年月日のわかる書類を受付時に提示してください。
▼1stセットのみ観覧で途中退出なさる場合には「受付支払い時に」スタッフにその旨お申し付けください、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。
▼1stセット終了後休憩中または2ndセットから途中ご入場の方は、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。
.
今回は特別価格として、蕨OurDelightに初来店のお客様はミュージックチャージ1000円、初めてのお客様を連れてきていただいたお客様は、千円割引してチャージ2500円に、初来店お客様は1000円となります。
初来店のお客様も足を運びやすく、いつものお客様も友人知人家族親戚と一緒に来やすくなりますよ。


ご予約は、専用の予約フォーム
http://goo.gl/forms/blpWSVFLPV


★追記 2019/07/28
ぱくよんせさんから、演奏予定曲についてのコメントが届いております。

・All too soon(Duke Ellington)
デュークエリントンの美しいバラード サラボーンが歌っているものが有名ですね
.
・Answer me my love(Gerhard Winkler)
もともとはドイツの曲です。後に英語にアレンジされてナットキングコールが歌い大ヒットしました。
美しいメロディが心をうつ名曲です。
.
・Chega de Saudade(Antonio Carlos Jobim)
ボサノバ第一号の曲といえばこれです。歴史に残る名曲
.
・Fly me to the moon(Bart Howard)
アポロ計画のときにフランクシナトラのバージョンが大ヒットした超有名曲です
.
・For all we know(Fred Coots)
ビリーホリデーの歌唱で有名な切ないバラード
後にダニーハザウェイのバージョンも大ヒットしています
.
・Give a little whistle(Leigh Harline and Ned Washington)
ご存知『ピノキオ』の挿入歌
デイブブルーベックカルテットが最初にジャズアレンジで演奏しました。
.
・Give me  simple life(Rube Bloom)
Bing Crosbyの歌唱で有名な愛らしいポピュラーソングです。
後にWake Up And Dreamという映画でJohn Payneが歌っています
.
・Moon river(Henry Mancini)
言わずと知れた超有名曲
今回は少し独特なコード進行で演奏します
.
・Taking a chance on love(Vernon Duke )
Cabin in the skyというミュージカルの中の曲です
過去から現在まで多くのボーカリストに歌われています
.
・Too darn hot(Cole Porter)
歌物スタンダードといえば欠かせないコールポーター。
Kiss me,Kateの中の曲で怪しい雰囲気たっぷりです。

0802