2019年の通年企画、3月予告。
「プレイズ唄ものスタンダード」
第三回開催分の、演奏予定曲が決まりました。!
.
今回は、田中菜緒子レギュラーピアノトリオです。
勝手知ったるいつものメンバーで安定のサウンドを出しつつ、どんな冒険でスタンダードソングを楽しませてもらえるのか。そして菜緒子オリジナルの一曲は果たしてなにを演奏するのか!
三人のアドリブもたっぷり聴けて、いつもは演らないスタンダードソングも聴けますよ。

.
・Like someone in love(Jimmy Van Hausen)
・Spring can really hang you up the most(Tommy Wolf)
・East of the sun(Brooks Bowman)
・I'll be seeing you(Sammy Fain)
・Star eyes(Gene DePaul)
・Nearness of you(Hoagy Carmichael)
・Yesterdays(Jerome David Kern)
・How high the moon(Morgan Lewis)
・Round midnight(Thelonious Monk)

田中菜緒子からのコメントです!

・Like someone in love
Jimmy van heusenの多くのジャズミュージシャンに愛されるスタンダードです。私はArt blakey&the jazz messengersのバージョンが特に好きです。

・Spring can really hang you up the most
春という事で、春にちなんだ曲を選びました。美しい曲調ですが、タイトルは、春は私を最も憂鬱にさせる という訳なので、ハッピーな曲では無いのが、不思議です。


・East of the sun
甘い恋の歌です。ジャズボーカリストのほとんどの方が、レパートリーとして歌っていると思います。インストでも沢山の演奏が残っています。

・I'll be seeing you
作曲家Sammy Fainについて調べたところ、ディズニーの眠れる森の美女、不思議の国のアリスの楽曲もいくつか作っていました。どうりでロマンチックで好きなのだな と思いました。 
歌詞にもあるように、パリの街並みが似合う曲です。

・Star eyes
この曲は、チャーリーパーカー、ソニースティット、アートペッパーなど、サックス奏者の演奏のイメージが私の中で強くあります。
リズムの変化を楽しめる曲です。

・Nearness of you
stardustや、georgia on my mind なども作曲している、Hoagy carmichael作曲。
ジャズミュージシャンに留まらず、多くのミュージシャンにカバーされている曲です。

・Round midnight
Thelonious Monk作曲。
Miles Davisの演奏や、Dexter Gordon主演の映画 round  midnightのタイトル曲としても有名です。

・Yesterdays
Jerome Kernが、ブロードウェイミュージカルの為に作曲。バラードで演奏する事が多いですが、早い4ビートで演奏してみます。


・How high the moon
原曲は、明るい4ビートの曲ですが、今回は私のアレンジで妖艶な月のイメージをお楽しみ頂ければと思います。




03.21(木)春分の日:夜/【特別企画】田中菜緒子Plays歌ものスタンダード(安田幸司Ba、安藤正則Ds) ¥3500
春分の日は、田中菜緒子ピアノトリオによるスタンダードソング特集。
開場18時 開演19時、2セット入替無し。終了21時半頃
▼MC一般=税込3500円、29歳以下の本業学生1000円、29歳以下の社会人2500円、別途1000円分のドリンク券
▼学生と29歳以下の社会人の方は学生証、生年月日のわかる書類を受付時に提示してください。
▼1stセットのみ観覧で途中退出なさる場合には「受付支払い時に」スタッフにその旨お申し付けください、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。
▼1stセット終了後休憩中または2ndセットから途中ご入場の方は、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。

.
今回は特別企画として、蕨OurDelightに初来店のお客様はミュージックチャージ1000円、初めてのお客様を連れてきていただいたお客様は、割引してチャージ2500円に、初来店お客様は1000円となります。
初来店のお客様も足を運びやすく、いつものお客様も友人知人家族親戚と一緒に来やすくなりますよ。


.
ご予約は、専用の予約フォーム