2019年の通年企画はじめます。
「プレイズ唄ものスタンダード」
第一回は、
01/06(日)【特別企画】堀秀彰トリオ(本川悠平Ba、長谷川ガクDs)Plays歌ものスタンダード 17時~
---
個人的に、ジャズを聞き始めた頃から好きだったのが、いわゆるスタンダードソング。
.
その中でも特に、メロディーラインが美しかったり可愛かったりする、ちょっとした唄もの。
人によって感じ方や定義などは異なると思いますが、元歌は~1960.70年代くらいまでの米国を中心とした映画音楽、ミュージカル、ポピュラーソングや、ソウル、ロック系の流行した楽曲です。
.
ジャズジャイアンツといわれるような歴史上の大ミュージシャンも好んで取り上げてますね。
ジャズファンの入門ルートとして必須な、Miles Davis、John Coltrane、Bill Evansのなどの音源からジャズを好きになっていく人も多いと思うし、私もそうでしたが、それらの名盤を聴く中でスタンダードソングがたいへん好きになりました。
特に50年代のBluenote、Prestige、Riversideなどのレーベルの音源は宝物ですね。
ジャズボーカルでは言うまでもなく必須カテゴリーと思っております。
.
あの曲が好きだから、あの曲を聴きたいから、あの曲があのミュージシャンにどう演奏されるのかが楽しみだから、だから音源買うという楽曲つながりで、ジャズ趣味の世界を広げていった人も多いです。あ、私です。
.
カセットテープやらCDR、デジタル・オーディオで、勝手に自分なりの同曲異演奏のコンピレーション版や、配信サービスの中にプレイリストを作ったりしますよね。
.
.
個人的にそんな大好きな唄物スタンダードですが、通常の当店開催ライブでも、もちろん聴くことはできます。
ただ、セットリスト100%がそうだということは、意外に稀で、当日のセットリストはオリジナル曲や、バップ曲、ジャズメンオリジナルのカバーなども配合されるので、一回のライブで唄ものスタンダードだけを聴けるのはそんなに多くは無い印象です。
ミュージシャン、リーダーとしても、通常のライブではそのへんのバランスを意識して順番も組み合わせも考えているので、なんらかの企画でもないと唄物スタンダード尽くしというわけにはいかないようです。
.
店としてはどのライブのブッキングもすべて一押しですので、特にこの日はおすすめという紹介はいたしかねる。(蕨OurDelightオーナーの聴きたいライブを諸条件を鑑み可能な範囲でブッキングしているという事情ですので、ライブスケジュールはオーナーの趣味全開なわけですが)
.
.
一方で、ジャズライブにあまり行かない人たち(むしろその人数のほうが多いハズ)、知り合いなどからは、一度お店に行きたいんですが、どんなライブをやってるんですか?とか、毎日のようにライブやってるみたいですが、どの日がおすすめですか、ということもよく質問されます。
ジャズライブファンではない人たち(むしろその人数のほうが多いハズ)には、わかりやすいとっかかり、目印があるほうがジャズライブに行きやすい、という気持ちもあるようです。
.
そこで、個人的趣味を満たすことと、ジャズファンではない人たち、 ジャズライブにあまり行かない人たち(むしろその人数のほうが多いハズ)にランドマークなライブになってもらうことを目的としまして、2019年1月から、できれば毎月、「プレイズ唄ものスタンダードソング」特集ライブを開始することにしました。
.
ミュージシャンとしてもスタンダードソングだけのライブをやる機会がないミュージシャンもいますし、普段のスタイルと違うような、あえて意外な選曲、この人がこの曲を?という意外性もあったりして面白いかもしれません。店のこういう企画があればこそ、乗るチャンスがあるというものです。
そんなわけで、店も、お客様も、ミュージシャンにとってもWin-Win-Win(のOurDelightな状態)になるであろう企画ライブになると思います。
.
そして、演奏予定曲は、なんと事前公開します。
曲名が事前にわかっていれば、
好きなあの曲がジャズミュージシャンにどう演奏されるか聴きたいから、ライブにも行ってみようか、となってくれると嬉しいです。
あのミュージシャンにどう演奏されるのか、もいいですし、知らないミュージシャンだけれど、あの曲を聴きたいので行ってみる、という流れも美しいです。
事前に演奏曲がわかっていれば、自分の好きなあのスタンダード曲を、ミュージシャンに演奏リクエストする、という難易度の高いこともしないで済みます。
.
.
この企画には、もう一つ裏テーマがあり、ミュージシャン作曲によるオリジナルで、スタンダードと遜色なく、美しく印象的な曲があるということも知っていただきたいので、ライブ全体で、一曲だけ、自信のオリジナル曲を演奏してもらいます。未来のスタンダードになってもおかしくない、そしてより多くの人に聴いてほしい、この一曲もぜひお楽しみください。

.
という企画です。
そして記念すべき第一回は
.
01/06(日)【特別企画】堀秀彰トリオ(本川悠平Ba、長谷川ガクDs)Plays歌ものスタンダード 17時~¥3500
開場16時 開演17時、2セット入替無し。終了19時半頃
▼MC一般=税込3500円、29歳以下の本業学生1000円、29歳以下の社会人2500円、別途1000円分のドリンク券
▼学生と29歳以下の社会人の方は学生証、生年月日のわかる書類を受付時に提示してください。
▼1stセットのみ観覧で途中退出なさる場合には「受付支払い時に」スタッフにその旨お申し付けください、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。
▼1stセット終了後休憩中または2ndセットから途中ご入場の方は、チャージ500円値引き、ドリンク券は別途500円分となります。
.
1月の演奏予定曲は以下のとおりです。
・On green dolphin street 
・Someday my prince will come 
・I wish I knew
・Alone together 
・My one and only love 
・This is new 
・You don’t know what love is
・You’re my everything 
・Autumn leaves 
・Body&Soul
・My shining hour
・堀秀彰オリジナル

.
ご予約は、専用の予約フォーム
0106

----
追記です

なんと、1月のライブ演奏スタンダード曲について、堀秀彰自身による楽曲コメントが来ています。

[楽曲コメント]
・On green dolphin street 
明るいメロディと美しい転調感が効果的な有名スタンダードです。ウィントンケリーの演奏で好きになりました。

・Someday my prince will come 
言わずと知れたディズニー映画「白雪姫」の挿入歌。ピアニストはかなりの確率でこの曲をリクエストされるので(笑)、それで一時期嫌いになってしまったほど。でも今ではまた大好きな曲になりました。

・I wish I knew
ジョンコルトレーンやキースジャレットの演奏で好きになった曲です。何かとても「含み」を感じる歌詞やメロディで想像力をかきたてられます。なので、その日の気分で演奏の表現の仕方が大幅に変わる事が多いです。

・Alone together 
アルバム「Celebration」のライブレコーディングの時、演奏予定曲には入っていなかったが突然僕がこの曲を弾き始めて、結果それが良くてCDに収録したというストーリーのある曲。
ミュージシャン好みな複雑なハーモニーと構成を持った曲です。

・My one and only love 
ジャズバラードの超有名曲です。ジョンコルトレーンとジョニーハートマンの共演盤が秀逸。
この曲の歌詞を知ってから、この曲を演奏するのがもっと好きになりました。

・This is new 
1941年に書かれた曲なのに現代風のハーモニーを持った曲。エキゾチックなメロディも魅力的です。アルバム「In my words」に収録しました。


・You don’t know what love is
冒頭の「You don't know what love is.Until you've learned the meaning of the blues.」の歌詞のセンスがカッコいい名曲。昔から好きな曲ですが、僕が参加する奥平真吾The New Forceのライブアルバムに収録させていただきました。

・You’re my everything 
ジャズ通の間では「小唄」と呼ばれ親しまれるタイプのスタンダードの代表格。
小唄というのは明確な定義があるわけではないのですが「小粋なメロディを持つ歌モノスタンダード」という印象がありますね。

・Autumn leaves 
シャンソンの名曲をマイルスデイビスがジャズで取り上げて超有名スタンダードになりました。僕のトリオでは少し意表をつくようなアレンジで演奏しています。

・Body&Soul
古くから多くのジャズマンが愛するスタンダードバラード。切ない歌詞と合う美しいメロディが心に響きます。

・My shining hour
自分が高校生の頃、山田穣(as)さんのカルテットのライブで演奏されているのを聴いて好きになって以来、未だに大好きな曲のひとつ。自分のライブでも20年間演奏し続けています。
先日逝去された世界的トランペッターのロイハーグローブさんのアルバムにも名演が残っています。

--
スタンダードに伍する堀オリジナルは何を演奏するのか、それもお楽しみに。



----
今後の予定
02.17(日)昼/【特別企画】上野山英里Special Trio Plays歌ものスタンダード(with海沼正利Per、高橋誠Vn) ¥3500
03.21(木)春分の日:夜/【特別企画】田中菜緒子Plays歌ものスタンダード(安田幸司Ba、安藤正則Ds) ¥3500