蕨OurDelight2017年を振り返るキーナンバー
(ざっとカウントしたので正確ではありません)

年間ライブ開催数 291回
ダブルヘッダ開催日 46日
のべ出演者 800人
---ジャムセッション回数 14回
---ヤングライオンズという若手特集企画 24回
---月例の若手特集 study inシリーズ 12回 
ジャムとヤングライオンズ、study以外の通常ブッキングライブ 241回

2piano企画 10回
vocalメイン企画 24回
ドラムレス 171回
還暦以上のベテラン 29人ーのべ出演人数
二十代半ばより若い(ジャム起用なので多い) 93人ーのべ出演人数

年間来客数四千人以上

編成 
ソロ 41回
デュオ(2ピアノ含む)90回
トリオ 65回
カルテット 49回
クインテット 26回
セクステット 5回
セプテット無し 
オクテット 1回

女性ミュージシャンのべ出演人数 195人
女子ミュージシャンリーダー回数 125回


続いて、2017年の蕨OurDelight主なトピックス

ヤング・ライオンズ春秋イベント開催 3,9月
ヤング・ライオンズ毎月ライブスタート 7月~
毎月じっくりstudy in jazzシリーズ開催 1月~

二台ピアノ毎月開催 10月~

大画面モニター設置運用 8月~
動画youtubeチャンネル開始 11月~

ん、偏ってるなあ。

他にもあるような気がしますが

個別のライブは、みんな甲乙付けられないので言及できません

来年はまた新しいことを始めたいな。
蕨OurDelightのエッジを、研ぎ澄ますような企画を

店内仰角